『不惑前からの資産運用』からのご連絡

当ブログについて:当ブログの紹介。
utopista.net :今後引っ越す予定です。
月刊ネットマネー2015年8月号に掲載していただきました。
【商品レビュー】SATECHI 合皮製デスクマット
【商品レビュー】SATECHI USB 3.0 Hub
【商品レビュー】Satechi BTタッチ ワイヤレス ポータブル スピーカー

2013年12月13日

不動産投資葛藤中


 昨日レントロールをいただいた物件情報がサイトから消えました。来週に銀行に行こうと思っていたけど、もう決まってしまったかもしれないのです。


 この物件、ほとんど借り入れを起こしても、廻ると言えば廻ります。普通に廻ればキャッシュフローで100万弱は出そうです。もう少し指し値ができれば、150万まで行くかもしれません。ただし、業務で買い叩くくらい厳しくやるとチョット廻らないんですよね。しかし、そうなっても例えば「アパート住まいから実家住まい」にすれば返済は出来るんです。


 不動産屋さんから「もう売れちゃいました」は聞きたくナイですし。税理士の先生から「これは廻りませんわ、志弦さん」と希望を折られたくナイですし。「今すぐに融資出せや」と銀行に飛び込んで、たった1人で思い切りたくもナイのです。そんな訳で、本日は各所に電話しておりません。


 そんなナイナイ尽くしの金曜日。「思いきらなければ変わらない。」「思い切って大怪我したくない。」不動産投資を始める人は、「きっとみんなこういう躊躇をしているんだろうなぁ」と思っています。


 自宅のローンは平気で、不動産投資のローンは平気じゃない。会社の借り入れは平気で、自身の借り入れは平気じゃない。この心理の差異は何でしょうか? ローンはローン。良いも悪いもありません。


 現在、福岡の市況は好況で、物件は絶賛値上がり中です。消費税前の駆け込み需給もあるのか、数年前から同条件の物件の利回りが2%は下がっている印象です。せめて。せめて、この物件が白金にあれば飛び込んだのに。


 年齢的にも自社の業容拡大の最後のチャンスだとは思うけど、父と正反対の超守備的な思考回路から脱せません。それでも今、業容を整えておかないと、10年後にジリ貧になるのは見えているのです。


 そんな訳で年末にして葛藤中です。




参加中のブログランキングです。
応援クリックありがとうございます。励みになっております。
ブログランキング

BLOG TOP

posted by 志弦 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
spacer.gif spacer.gif