『不惑前からの資産運用』からのご連絡

当ブログについて:当ブログの紹介。
utopista.net :今後引っ越す予定です。
月刊ネットマネー2015年8月号に掲載していただきました。
【商品レビュー】SATECHI 合皮製デスクマット
【商品レビュー】SATECHI USB 3.0 Hub
【商品レビュー】Satechi BTタッチ ワイヤレス ポータブル スピーカー

2017年03月17日

カカクコムが自社株買いで微リバも焼け石に水

 昨日の日経はFOMCで年内利上げは 3回になりそうということで、それほどタカ派な内容ではなかったためか為替が円高方向に一気にシフトした影響を受け 150円近く下げて始まりました。しかし寄り底となり日中は順調に値を上げ、引けには前日比プラスを維持しました。

 しかし21時頃には英中銀が政策金利据え置き決定したものの議事要旨でフォーブス委員が利上げを主張したことで順調に前日プラスで推移していたFTSEは大きく値を消しました。その後ダウも20900ドル割れを試す中で、日経先物も100円以上の下げとなっております。

 その後ダウはリバる局面もありますが日経先物はリバることなく、どうやら買い手がいないような様相です。下げ要因には付き合って、上げ要因には反応しない最弱指標日経が戻ってきたのかもしれません。得先物では上値は19500を目処として、売り圧力が非常に強いように思われます。やはり500を背に400を超えた所で戻り売りという戦略が良いのかもしれません。

 そしてG20では共同声明で「保護主義」については言及しない方針ということでトランプ大統領に配慮した様な形となっております。これから日銀の足を引っ張って円高に向かせる様な事を言わねば良いのですが、さてどうでしょうか? 米国のムニューシン財務長官は「ドル高は長期的には良いこと」という趣旨の話をしておりますので、もう少し円高不安が収まると助かるのですが、どうでしょうか?

 それでは昨日のポートフォリオの状況は以下の通りです。


現在のポートフォリオ
,
現物
CODE銘柄単価数量評価損益
1737三井金属エンジニアリング8531000+427,000
2391プラネット1276500+377,500
2402アマナ887100-15,700
2413エムスリー139500
3167TOKAI HD340100+53,100
3630電算システム1430100+25,900
3640電算1871100+62,500
3648AGS615100+122,600
3800ユニリタ809500+545,500
4298プロトコーポ1510100+9,900
4327日本SHL1999500+633,000
4508田辺三菱製薬135500
6073アサンテ926100+74,900
7751キヤノン2571200+191,600
8002丸紅71900
8058三菱商事168800
8096兼松エレクトロ1088500+911,500
8304あおぞら銀行29400
9437NTTドコモ1481500+631,250
9629PCA1225100+41,100
9995ルネサスイーストン341100+27,300
6240ヤマシンフィルタ568200+370,600
評価額合計10,211,350
信用
CODE銘柄売買単価数量評価損益
2371カカクコム1,7402,000-191,866
維持率248.88%損益合計-191,866
NISA
CODE銘柄単価数量評価損益
2117日新製糖1650200+77,600
2413エムスリー2073200+154,200
4793富士通BSC809400+110,000
4980デクセリアルズ1260300-11,700
5015BPカストロール1530200+20,400
7751キヤノン3423100+10,600
8002丸紅690400+13,280
8898センチュリー21・ジャパン987500+265,000
9747アサツーDK2971100+4,400
評価額3,904,480
キャッシュ
買付可能額評価額
預り金等1,851,876
ポートフォリオ全体前日比(%)評価額
現在資産+0.52%15,775,840
現物(野村證券勘定)
CODE銘柄単価数量評価損益
7181かんぽ生命保険2200300+180,600
3466ラサールロジ1000005+27,500

 昨日の収支は前日比で現物:+39,300円、信用:+53,733円、NISA:-11,220円、現金:0円、総額:+81,813円となりました。

 カカクコムの自社株買いのニュースが出たことで少しだけリバしております。しかし、下落局面の私の様なリバ狙いの信用買いが積み上がっており上値は重い展開です。これ以上のよっぽどのニュースが出ない限り、スケベ買いの信用買いが死に絶えるまでの半年間に上昇を見込むのは甘すぎるかもしれません。

 昨年とうってかわって少し調子が良すぎる状況ですが、ここ最近の高値圏でのもみ合いを考えると「トランプラリーの終了、トレンド変換はもうすぐか?」と思わずにはいられません。警戒しつつ損害はなるべく軽微に済ませたいところです。少なくともこのままマッタリとしたぬるま湯のような上昇相場が続くとは到底思えませんので。




 それでは本日も皆様が大きな利益を得られますよう、心からお祈り申し上げます。





参加中のブログランキングです。
応援クリックありがとうございます。励みになっております。
ブログランキング

BLOG TOP

【取引履歴の最新記事】
posted by 志弦 | Comment(0) | TrackBack(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
spacer.gif spacer.gif