『不惑前からの資産運用』からのご連絡

当ブログについて:当ブログの紹介。
utopista.net :今後引っ越す予定です。
月刊ネットマネー2015年8月号に掲載していただきました。
【商品レビュー】SATECHI 合皮製デスクマット
【商品レビュー】SATECHI USB 3.0 Hub
【商品レビュー】Satechi BTタッチ ワイヤレス ポータブル スピーカー

2013年08月24日

今週の成績【8月第4週】


 お盆明けの1週間が終了しました。お盆にお休みをとった皆様は、上手くリハビリができましたでしょうか?

 金曜日には大きく窓を開けて上昇してしまいました。いずれこの窓を埋めに来ると思うと恐ろしい限りです。窓埋めは月曜日でしょうか? 来月でしょうか? どうせ埋めるならば一旦上げてから下げてくださる方が、嬉しく思います。

 14000円チャレンジして埋めに来るか、14500円にチャレンジしてエリオット波動でオルタナティブ・カウントに入れず埋めに来るかでしょうか?

今週の結果
 ポートフォリオTOPIX
昨年末評価額7,897,210円859.80
今週末評価額10,345,430円1141.63
昨年末比損益額+2,448,220円+281.83
昨年末比損益率+31.00%  

 週中は下げで「13000円の甘利ラインも危ない」と危惧していたのですが、金曜日のギャップアップで猶予を貰った感じですね。結果として月曜日とさほど変わらない所に戻ってきました。

 13500円というラインを今週中に奪還したことは一安心ですが、14000円を明確に抜いて行かないと今後の展開は弱いと考えています。信用で握ってしまった【1570】日経レバは、13500円割れは決済、14000円で跳ね返されても決済、14000円を抜いて力強さが見られたらホールド。という予定にしております。

 それにしても、まだ昨年末比+30%あるというのはこの乱高下の相場の中では有難いことです。

 それでは今週の上昇・下落銘柄です

上昇寄与銘柄
#CODE銘柄含み益前日比
4508田辺三菱製薬+28,000円+2.58%
9437NTTドコモ+9,900円+2.16%
8096兼松エレク+5,400円+1.47%
2311エプコ+5,200円+2.00%
9945プレナス+4,200円+2.45%

 田辺三菱が頑張っています。各社少しずつですが1400円超えの目標株価を出しております。1500円を目標にホールドしたいところです。また医薬品セクターでは財務状況と配当性向等のバランスの良い中配当銘柄ですので、メインで保有していきたいところです。出来ることなら、武田が高配当を継続できなくなり、減配し株価が崩れた時に、機を見て乗り換えたいという思いもあります。医薬品セクターは最後の高配当ディフェンシブセクターであると思っています。ある一定程度の資金は、ここに投入しておきたいと思っています。

 ドコモの上げは不可解ですが、そろそろ本当にiPhone廉価版でも導入する算段なのでしょうか? 私の用途では、iPhoneもAndroidも変わりません(iPhoneユーザーの方すいません)。あえて廉価版でiPhone戦争に突入する必要があるのかな? と思ったりはします。iPhone買うなら廉価版じゃなくて高級機ですよね。

 他は下げた分の反発の様相が強いですね。兼松エレクは先月の1300円から、エプコも1400円超から売られた分の自律反発でしょうか? プレナスはここ1か月くらい1750円になると、頭を抑えられています。今回は中間権利取りでどうでしょうか?

下落寄与銘柄
#CODE銘柄含み損前日比
8967日本ロジスティクス-15,000円-1.68%
3800BSP-13,200円-1.81%
7751キヤノン-10,000円-1.63%
4327日本SHL-7,500円-1.28%
6466東亜バルブ-6,300円-5.12%

 日本ロジスティクスはREIT全般が弱いのでしょうがないかもしれません。3か月で見ても850000〜950000のレンジというところでしょうか? 下に抜けてきたら切ろうかと思います。日本ロジスティクスは上手く今後の展開が読めません。

 BSPはやはり1800円を超えると売りが出る状況で、1800円維持が難しい所です。

 キヤノンはデジカメ不調・円高推移で売り込まれてしまい、昨年12月以来の「2000円台こんにちは」という状況です。キヤノンの場合は毎期、自社で想定株価よりも安くなると、自社株買いが支援に来るようです。今期それがないということは、会社側もこの株価水準を認めているのかもしれません。

 日本SHLは来月が期末ですので今後の展開に期待しているのですがいかがでしょうか? 個人的にはもう少し買い増したいところです。1900円台で高止まりしていた株価がダレ始めています。株価が下がるのであれば、配当利回りが向上した時に買い増していこうと思います。優れた同業他社が出てこない限り、基本的には安定業績で推移するとみています。まさに高配当ポートフォリオのための銘柄と言えるかもしれません。

 東亜バルブは、金曜日の下げで再び損害率10%を被りました。もう少し下げるのであればナンピンしようと思っています。自己資本比率が高いので1年間は様子を見ようと思いますがいかがでしょうか?

今後は

 全く先が読めない展開になってきました。為替(ドル円)はいずれ円安の方向へ動くと考えています。その考えに合致した銘柄に少しずつウエイトを移さなくてはいけないかもしれません。

 皆様は今後の相場の展開をどうお考えになっていらっしゃいますでしょうか?




参加中のブログランキングです。
応援クリックありがとうございます。励みになっております。

現在第5位
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
現在第7位

現在第9位

現在第23位
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
現在第41位
ブログランキング
現在第14位

BLOG TOP



posted by 志弦 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式成績 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
spacer.gif spacer.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。