『不惑前からの資産運用』からのご連絡

当ブログについて:当ブログの紹介。
utopista.net :今後引っ越す予定です。
月刊ネットマネー2015年8月号に掲載していただきました。
【商品レビュー】SATECHI 合皮製デスクマット
【商品レビュー】SATECHI USB 3.0 Hub
【商品レビュー】Satechi BTタッチ ワイヤレス ポータブル スピーカー

2016年08月26日

日銀買いが入ってこの有様。本日でETF買いの神通力は消えた

 本日は以外にもなぜか日銀が入っており、それでこの有様ですので心中穏やかでありません。これでは日銀のETF買いは豆鉄砲の様なものだと言っているも当然ではないでしょうか。買っても大したことない。どこかで噴けばそこを売り叩けば問題ない。市場参加者にはそういう印象を植え付けたのではないでしょうか?

 これは売り方にとっては最高の援軍でありまして「日銀恐るるに足らず」というところです。もし上がっても今日の体たらくを見た市場参加者は日銀に売り向かうでしょう。日銀は自分で自分の首を絞めたのです。これまでは日銀のETF買いの威力を測りかねてた参加者によって売り向かうことを踏みとどまっていたために、為替がこの水準でも日経はこの水準を維持できました。日銀のETF買いの威力が足るに足らないものであることが分かった今、為替相当の水準まで売り叩かれそうですがいかがでしょうか?

 よしんば日経がこの水準を維持したにせよ、日銀買いが入る様子を見れば日銀の買いに売りをぶつける手法を皆狙ってくるでしょうから、ボラティリティは下がるでしょう。どう考えても何も良いことは有りそうにありません。ETF買いに入るなら目に見えて効果的なタイミングで入るべきでした。これでもう私も先高観を全く持つことが出来なくなりました。

 そのため週末のイエレン議長の講演では、年内利上げを示唆するタカ派的な表現が出れば、ドル高円安+米国株安となり米国株安が重しとなり日経にも悪影響。ハト派的な表現になればドル安継続で日本株下げ。と日本株が上がる要素はなくなりました。

 可能性はほとんどないでしょうが、イエレン議長がハト派的なコメントを出してそれがドル安の材料出尽くしとなり米国株高+円安になる可能性だけでしょうか? と楽観視しようとしてもそもそも米国株は高値圏に張り付いており何かきっかけがあれば下げる気満々に思えます。

 やはりどういうシチュエーションを考えても買い方ジリ貧の様な気がしますね。




 東証1部の売買代金は1兆7121億円となり低調なままとなっておりますしかもこれは日銀の707億円が入っていますから始末に負えません。値上がりが916銘柄、値下がりは889銘柄となって五分と五分といったところでしょうか? 明日以降はちょっと不安ですね。

 それでは本日のポートフォリオの状況は以下の通りです。


現在のポートフォリオ
現物
CODE銘柄単価数量評価損益
1737三井金属エンジニアリング8531000+12,000
2391プラネット1276500+98,000
2402アマナ887100-25,400
2413エムスリー139500
3167TOKAI HD340100+27,700
3630電算システム1430100+5,100
3640電算1871100+4,300
3648AGS615100+39,600
3800ユニリタ809500+433,000
4298プロトコーポ1510100-33,900
4327日本SHL1999500+412,000
4508田辺三菱製薬135500
6073アサンテ926100+61,300
7751キヤノン2571200+63,200
8002丸紅71900
8058三菱商事168800
8096兼松エレクトロ1088500+396,500
8304あおぞら銀行29400
9437NTTドコモ1481500+593,500
9629PCA1225100-11,300
9995ルネサスイーストン341100+4,700
6240ヤマシンフィルタ568200-22,000
評価額合計7,780,100
NISA
CODE銘柄単価数量評価損益
2413エムスリー2073200+213,400
4793富士通BSC809400-21,600
4980デクセリアルズ1260300-124,200
8002丸紅719100-21,730
8898センチュリー21・ジャパン987500+157,500
9747アサツーDK2968100-49,100
評価額2,187,270
キャッシュ
買付可能額評価額
預り金+1,116,602
ポートフォリオ全体前日比(%)評価額
現在資産+0.05%11,083,972
現物(野村證券勘定)
CODE銘柄単価数量評価損益
7181かんぽ生命保険2200300-3,000
3466ラサールロジ1000005+35,500

 本日の収支は前日比で現物:+8,150円、NISA:-2,720円、現金:0円、総額:+5,430円となりました。

 保有株の上げ寄与の大きかったものはユニリタの+1.7万くらいでした。下げ寄与の大きいものはプラネットの-1.4万、SHLの-1.2万といったところでした。




 保有株の主なニュースは以下の様のものとなりました。


 キヤノン<7751>が売り買い交錯。格付け会社のスターダード・アンド・プアーズ(S&P)は8月24日の大引け後に、同社の長期会社格付け「AA」を継続したうえで、アウトルックを「安定的」→「ネガティブ」と、変更すると発表した。キヤノンは主力事業の市場の成熟化に直面しており、収益性が長期にわたって低下傾向にあると指摘。足元で円高によるマイナス影響やレーザープリンターの販売低迷といった要因も重なっているため、今16.12期業績と収益性は悪化する見通し。新製品の投入や継続的なコスト削減の効果を加味しても、同社の収益性が現格付けに見合う水準まで早期に回復しない可能性があり、その確率が3分の1以上であるとS&Pでは判断。



 本日の日銀ETF買いで明日以降の下げが気になります。本日は日銀の買いが有ってあのレベルですから売り方は売りやすくなったと思います。今後は戻り売りの戦略を皆が取ってきそうですが、それに先じて積極的に売りで入って来る参加者も多いかもしれません。

 どちらにせよ、日銀の防衛買いは大したレベルでないことが分かった今、買い方はいつも以上の警戒が必要で、いざとなったら全てを打ち捨てて逃げ出す準備が必要かと思われます。

 それでは明日も皆様が大きな利益を得られますよう、心からお祈り申し上げます。





参加中のブログランキングです。
応援クリックありがとうございます。励みになっております。
ブログランキング

BLOG TOP

【取引履歴の最新記事】
posted by 志弦 | Comment(0) | TrackBack(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
spacer.gif spacer.gif